スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

福辻式腱鞘炎改善プログラム 効果を評価

腱鞘炎のせいで仕事にも集中できなくなってミスが増えていたとしても、何気ない動作もスムーズにできるようにしてくれるのが福辻式腱鞘炎改善プログラムです。



あなたも、下の中に思い当たることがいくつかあるんじゃないでしょうか?


腕全体が重くなったように感じる

筋の「ゴリッ」「カクン」という音が聞こえることがある

子供を抱っこすることができない

満足にキーボードを打つこともできない



腱鞘炎は、その名前から考えると患部で炎症が起きていることが原因の様に思えますし、確かに炎症を起こしているケースも良くあります。
そこで炎症を抑える解熱・鎮痛剤(湿布など)を処方してもらうことで痛みが和らぐことがあるものの、その程度で腱鞘炎が治るほど甘いものではありません。



一時的に幹部(ひじや手首、指など)を酷使したせいで腱鞘炎のような症状が起きていた場合、ちょっと安静にして湿布を貼っていたら時期に痛みがすっかり抜けるかもしれません。
けれども、特にきっかけらしいことは思い浮かばなかったり、腱鞘炎がなかなか治らなくなってくると、もう一歩踏み込んだ対策をしなければ腱鞘炎を治すことはできません。



腱鞘炎の痛みの原因は、腰痛や肩こりと同じく筋肉の硬直化です。筋肉が過緊張の状態に入ってしまい、緊張状態をほぐせなくなっているんです。
硬直した筋肉(筋肉のコリ)が物理的に神経を圧迫することによって痛みを生じるようになります。腱鞘炎が起きている部分は血管も圧迫されるので、細胞が酸素不足になるせいで痛みは増幅。



筋肉の緊張を元通りにほぐさない限り、腱鞘炎を治すことはできません。たとえ、病院でストロイド注射などの痛み止めを処方してもらっても、効き目が切れたらまた痛みが再発するだけです。
腱鞘炎がどれだけしんどいものなのか、周囲にはなかなか理解してもらえないのも、意外と苦しいものですよね。日常生活が思うようにいかないのも、かなりのストレスがたまるものです。




■福辻鋭記の福辻式腱鞘炎改善プログラム

福辻鋭記の福辻式腱鞘炎改善プログラムは、その場しのぎの対策とは真逆の内容となっています。腱鞘炎を二度と再発させないことを目標にアプローチをしていきます。
腱鞘炎になってしまうのは、痛む部分を酷使したことが原因と言われることも多いですが、実際には、私たちの体(筋肉)は、使えば使うほど能力がアップするのが一般的です。



それにもかかわらず、逆にダメージを追ってしまうのは、間違った体の動かし方をしてしまうからです。体に無理のかかる姿勢や動作をしてしまうことがいけないんです。
腱鞘炎とは一見関係ないように見えるけれど、実は猫背とか、片足に体重をかけて立ったり、足を組むといった日常動作も、腱鞘炎に絡んでいる可能性が高いんです。



福辻鋭記の福辻式腱鞘炎改善プログラムでは、正しい動作についても触れられているので、体に無理のない動作をするように心がけてください。とはいっても、最初はちょっと苦労するはずでです。
間違った動作を繰り返してきたせいで、体の骨格が歪んでしまっているからです。正しい姿勢をすると逆に窮屈に感じてしまうものの、福辻鋭記の福辻式腱鞘炎改善プログラムを実践していけば、体の歪みを矯正していくことができます。



骨格矯正といっても、整体にありがちな身体をバキボキと捻じ曲げるようなことはしません。ストレッチの延長で心地よく続けられるメニューとなっています。
整体に関する知識や経験が全くない素人でもすぐに再現できるように工夫されていますから、平均すると2週間くらいで下のような結果を手に入れている人がたくさんいますよ。


手首から痛みが消える

朝起きた感覚がまるで変わってくる

携帯やペットボトルも簡単に開けられる

手首が軽く動かせるようになる







痛みが治らない不安を抱えて過ごすのは今日で終わりにして、全額返金保証付きの福辻式腱鞘炎改善プログラムで痛みを気にせず腕を自由に動かせるようになるにはこちら










スポンサーサイト